アカペラ辞典「アカペディア」

カデンツ

音楽用語その他・造語・派生語 [カデンツ]

シンプルなコード進行を歌ってみて、ハーモニーの響きや発声の感覚などを確認するという練習方法。

別称カデンツ,カデンツァ
頻出度★★★☆
使用シーン練習, 基礎用語,

美しくハモるための基礎練習

「カデンツ」という音楽用語そのものの意味を調べ出すとけっこうややこしい。こと私たちアカペラーの世界においては、「基本的なハーモニーの流れをしっかり歌えるようにするための練習」という意味で用いられている。実際のバンド練習では、課題曲の練習に入る前のウォーミングアップ、コンディション確認として行うことが多い。

多くの場合、4パートで
ソプラノ(Top):ソ-ラ-ソ-ソ-ソ
アルト(2nd):ミ-ファ-ミレミ
テナー(3rd):ド-ド-ド-シ-ド
バス(Bass):ド-ファ-ソ-ソ-ド

を全員「Ah~」で歌う、という形で行われている。

※「3度」「5度」「ルート」は、いずれも1つのハーモニーの中での役割分担を表すワード。
ここでは詳細を省くが、なんとなく頭の片隅に置いておくとよい。

上記の例ではキーを「ハ長調(C)」としているが、メンバーの音域や課題曲などによってキーを変更したり、パートを入れ替えて練習することもある

また、リードボーカルとボイパが参加できないというものではない。リードボーカルを歌うメンバーも、ソプラノ・アルト・テナーの中で自分の音域に合う所を選んで、同じパートのメンバーと一緒に(または交代しながら)歌ってみよう。一定のテンポに合わせて練習することが多いので、ボイパがリズムを刻みながら行うこともできる。メトロノームを使って、メンバー全員のテンポ感覚を確かめながら練習することも可能だ。

カデンツ練習を紹介する動画

カデンツ練習は、ハモネプの公式YouTubeチャンネルや「しらスタ」さんの動画でも紹介されている。まだバンドを組めていなかったり、コロナ禍の影響で集まって練習することができない場合は、(自宅の環境が差し支えなければ)こういった動画を見ながら一緒に個人練習してみるのも手だ。

ハモネプ公式YouTubeチャンネルより。
しらすたさんの動画では「視聴者が歌いたいパートを除いた音源」まで用意してくれている。