サムネイル

【ハモネプ出場】あまがさに独占インタビュー!

インタビュー

こんにちは、AJP編集部のわくです。

今回は、私がスタッフをしているAcappella Party(以後「アカパリ」と表記)の代表である室谷さんと、「あまがさ」にインタビュー取材を行ってきました!

インタビューの様子(12/17)

「あまがさ」とは

演歌を主に演奏している明治大学 SoundArts所属の4年同期バンド。
アカスピEX2年生大会で優勝し、その後アカスピだけではなくJAMやハモネプなど幅広く活躍している。

あまがさTwitterアカウント

インタビュー参加者紹介

鶴岡さん
鶴岡さん

リード担当の鶴岡さん

熊田さん
熊田さん

女声コーラス担当の熊田さん

佐藤さん
佐藤さん

男声コーラス担当の佐藤さん

堺谷さん
堺谷さん

ベース担当の堺谷さん

宮澤さん
宮澤さん

ボイパ担当の宮澤さん

※メンバー全員の予定が合わず、もう一人の女声コーラス担当メンバーである小池さんは参加していただけませんでした。

「あまがさ」結成当初の話

いつから活動が始まったのか

室谷さん
室谷さん

活動はいつから始まったんですか?

宮澤さん
宮澤さん

1年の秋から始まりました。

室谷さん
室谷さん

割とすぐなんですね。どのように集まったんですか?

堺谷さん
堺谷さん

僕が、大会とかで勝てるバンドを組たくて人を集めたのがきっかけでした。

室谷さん
室谷さん

今では多くの大会で活躍していて、まさに成功ですね!

堺谷さん
堺谷さん

よかったです!笑

バンド名の由来

室谷さん
室谷さん

バンド名はどのようにして決まったんですか?

宮澤さん
宮澤さん

先輩ですね。

室谷さん
室谷さん

先輩!?

宮澤さん
宮澤さん

自分たちがバンド名を考えているときに、先輩が来て、その先輩が言った案がしっくりきて、そのまま決まりました。

鶴岡さん
鶴岡さん

最初はバラードをやっていて、しっとりとした曲を歌ってたから「あまがさ」が良いねっていう感じで。

最初は演歌を歌っていなかった

室谷さん
室谷さん

最初はバラードだったんですね!
いつから演歌に変わったんですか?

宮澤さん
宮澤さん

自分たちが1年の時のアカスピ決勝を観に行った後に、これじゃ勝てないんじゃ無いかっておもって、演歌にしてみないかってなりました。

室谷さん
室谷さん

アカスピの決勝を観て影響を受けたんですね。
ちなみに演歌という発想はどこから?

宮澤さん
宮澤さん

鶴がカラオケで演歌がすごい上手だったのを覚えていて、そこからですね。

室谷さん
室谷さん

そうなんですね。
鶴岡さんは何か演歌を聴く環境とかがあったんですか?

鶴岡さん
鶴岡さん

家が旅館なので、そこでよくお客さんが演歌を歌っていて聴いてましたね。

室谷さん
室谷さん

なるほど。
最初宮澤さんが演歌を歌おうって言った時のみなさんの心境はどんな感じですか?

佐藤さん
佐藤さん

僕は結構乗り気だったんですけど、バンド内で半々とかでしたよね。

熊田さん
熊田さん

私は反対でしたね。「急に演歌をやって若者にうけるの?」って。女子二人は最初は反対だった気がします。

室谷さん
室谷さん

その気持ちは鶴さんが演歌を歌っているのを聴いたら変わったという感じですか?

熊田さん
熊田さん

そうですね。

いままでの活動で辛かったこと

室谷さん
室谷さん

結成当初はアカスピを観て影響を受けたという話がありましたが、やはりアカスピのステージに立つ側になって何か心境の変化はありましたか?

熊田さん
熊田さん

2年生の時にEX大会で優勝して決勝に出た時は、去年憧れていた舞台に立てるということで、楽しかったという気持ちしかなかったです。

宮澤さん
宮澤さん

3年生の時は2位になってしまい決勝にでれなかったんですけど、JAMやハモネプに出たりしていたこともあって「勝たなきゃ行けない」っていう感じだったので、それで負けてしまって。楽しいっていう感情はなかったです。

熊田さん
熊田さん

みんなで大号泣した記憶がありますね。

室谷さん
室谷さん

バンドで泣ける体験は貴重ですね。

熊田さん
熊田さん

そうだと思います。アカスピの2年EXで勝ったときは泣いて、ハモネプでも泣いて、、

堺谷さん
堺谷さん

めっちゃ泣いてますね笑

あまがさの練習方法

対面での練習

室谷さん
室谷さん

普段はどのような練習をしていますか?

熊田さん
熊田さん

練習の回数は、全体では週一回あって、コーラスだけでもう一回やっています。

宮澤さん
宮澤さん

基本的には、舞台に向けて準備をするという感じで、特に特別な練習はしてないですね。一回歌って、気になったことをお互いに言い合って直してみたいな。

室谷さん
室谷さん

意外とふつうですね笑

宮澤さん
宮澤さん

そうですね笑

勝つための戦略

宮澤さん
宮澤さん

でも、「勝つためにどのような構想にするか」っていうのは結構力を入れて考えています。

室谷さん
室谷さん

戦略ですね。アレンジやステージング、衣装など色々とあると思いますが、そういったものはみんなで考えているんですか?

熊田さん
熊田さん

アレンジは私がやっているんですけど、演歌って色んな表情があるので、場面に合わせて笑顔になるようなアレンジとか、ここで泣かせたいっていう所に綺麗な和音を入れたりとかしています。
あとは、イベント毎に曲の順番を考えたりとか。それは結構話し合っているイメージがありますね。

室谷さん
室谷さん

大会とかステージに合わせて考えているんですね。

熊田さん
熊田さん

そうですね。

室谷さん
室谷さん

あまがさを初めて見たときに、ビジュアルがとても印象的だったんですけど、やっぱりこだわりはあるんですか?

宮澤さん
宮澤さん

観客にどう見られたいかって話してたときに、「浴衣じゃない?」って誰かが言ったのが、そのまま決まったっていう感じです。

熊田さん
熊田さん

その後、こうた(鶴岡さん)が白って決まって、ほかの男子の色も決まってから、こうたの両サイドにいる女子二人が何色にするかっていうのは、すごく考えました。

室谷さん
室谷さん

すごいですね。

コロナ禍に入ってからの練習

室谷さん
室谷さん

対面での活動を自粛しなければいけなくなってからは、どのような練習をしましたか?

熊田さん
熊田さん

他のバンドだと、オンラインというかリモートをやってると思うんですけど、あまり私たちはそういうのに疎くて。

佐藤さん
佐藤さん

何度かリモートでもやりはしたんですけど、基本は各自で自主練でしたね。

室谷さん
室谷さん

めちゃくちゃ長い自主練期間ですね笑

佐藤さん
佐藤さん

そうですね笑

メンバーの卒業後について

室谷さん
室谷さん

みなさん卒業した後は「あまがさ」としてはどうする予定ですか?

熊田さん
熊田さん

まだ詳しくはあまり話し合っていないです。
一応卒業したら学生としての「あまがさ」は終了するんですけど、それで完全に解散って言うわけではなくて。
メンバーの予定が合えば活動するっていう感じだと思います。

室谷さん
室谷さん

「あまがさ」が無くなったら悲しいなって思ってたので、安心しました。

2/17に開催されるアカパリNEXT

アカパリNEXTに対する印象

室谷さん
室谷さん

2月に行われるアカパリNEXTに出演していただけるとのことですが、アカパリNEXTはどんな印象ですか?

宮澤さん
宮澤さん

二年生の時に出たときは、とにかく楽しかったです。当時は結構審査されるイベントばかりに出ていたので、誰にも審査されないイベントに出ることができて、そのお客さんの前で歌うことの楽しさを再確認できました。

室谷さん
室谷さん

嬉しいです。ありがとうございます。当時は、すごい波に乗っていた時期ですよね。

熊田さん
熊田さん

そうですね。ただ当時はまだ聴いていない人も多かったと思いますし、そこで多くの人に聴いてもらえて良かったと思っています。

室谷さん
室谷さん

自分も、生で聴くのは初めてだったかもしれないです。

熊田さん
熊田さん

後は、夜の部は憧れっていう印象があります。

室谷さん
室谷さん

それは嬉しいです笑 実は裏テーマが「憧れ」でして。

宮澤さん
宮澤さん

そうなんですね!

室谷さん
室谷さん

今回のアカパリNEXTも、後輩の憧れになるようなライブにしたいと思って準備しているので、ぜひ、最高の演奏をよろしくお願いします!

アカパリNEXTに向けて何か一言

室谷さん
室谷さん

最後に、アカパリNEXTについてひとことお願いしてもいいですか?

鶴岡さん
鶴岡さん

はい、テーマが憧れと言うことで、大変恐れ多いんですけど、本当に、、頑張ります!

熊田さん
熊田さん

本当にひとこと..笑
なんか、ラストイヤー頑張ろうっていう時にこんな状況になってしまってショックだったんですけど、
こうして歌える場所を用意してくださってほんとに有り難いです。
ぜひ「あまがさ」というバンドがみなさんの思い出として残ってもらえるように、良い演奏を残したいです!

室谷さん
室谷さん

ありがとうございます!

最後に

各大会で大活躍のあまがささんに取材させていただきました!
学生としての活動は残り少ないですが、演奏を聴ける機会がとても楽しみですね!
今後の活躍を祈っています。

【今後の出演予定】
2/17 AcappellaParty 主催『NEXT』
@duo MUSIC EXCHANGE

↓こちらよりご予約可能です↓

  • インタビュー:室谷
  • わく