サムネイル

【第2回ハモネプ王者&PAエンジニア】野口大志さんにインタビューVol.2「ラストライブのつもりが、まさかのハモネプ放送開始」

インタビュー

本記事はアカペラ総合メディア「ハモニポン」の閉鎖に伴い、AJP編集部に移管された記事です。一部表示が乱れておりますがあらかじめご了承ください。

こんにちはJぺいです!

先週に引き続き第2回ハモネプ王者”レプリカ”のメンバーであり、現在はPAや作曲家としても活躍されている野口大志さんのインタビューです!

今週は皆さんも大好きな伝説の番組「ハモネプ」が出来上がっていくタイミングのお話です。

えっ!だからPAの話はまだかって?!大丈夫!来週も多分そこまで到達しないよ♪

RAGFAIRおっくんとレプリカの繋がり

Jぺい
Jぺい

なるほど、RAGFAIRのストリートライブを見て憧れた高校の先輩が野口さんを誘って結成したのが、第2回ハモネプで優勝した高校生グループ“レプリカ”だったんですね。

大志さん
大志さん

まぁ、そうだね。

Jぺい
Jぺい

あれ?でもレプリカってボイパにRAGFAIRのおっくんがいましたよね?

アカペラ神
アカペラ神

説明するまでも無いが説明しよう。おっくんこと、奥村政佳さんはプログループRAGFAIRのボイスパーカッション担当。ハモネプブーム及び、ボイパブームの立役者。また、ミュージシャンでもありながら、気象予報士、保育士と多方面すぎる活躍を見せるバイタリティの塊。レジェンド。

大志さん
大志さん

ああ、みんなからしたら不思議だよね。(笑)

Jぺい
Jぺい

うん。おかしいですね(笑)

大志さん
大志さん

何度も言ってしまうけど、僕らがアカペラをやろうと思ったのが、駅前でやってたRAGFAIRのストリートライブを見たことがきっかけだったのね。

Jぺい
Jぺい

はい。

大志さん
大志さん

僕らよくそのライブを見に行っていたから、顔を覚えてもらっていて。それで、文化祭のオーディションを受ける前に誰かに演奏を見てもらいたくて、メンバーの奥村さんに声をかけたんだ。

Jぺい
Jぺい

ちなみに、どうしておっくんだったんですか?

大志さん
大志さん

それは、いちばん頼みやすそうだったから…(笑)実際ふたつ返事でうんいいよ!と言ってくれて、本当に練習を見に来てくれてさ、色々とアドバイスをくれた。

Jぺい
Jぺい

めっちゃ良い方ですね!やっぱり。

大志さん
大志さん

「お金はいらないから、ハンバーガーだけ買ってくれ」って(笑)

Jぺい
Jぺい

(急にアメリカンテイスト。。。)

ラストライブ・・・のつもりが?

Jぺい
Jぺい

でも、それがどうやったら一緒にハモネプ優勝する流れになるんですか?

大志さん
大志さん

えっとね、レプリカは文化祭が終わってから活動してなかったんだけど。半年くらい経って3月になって、先輩たちが卒業しちゃうから、最後にもう一回どこかで歌いたいねってなってね。

Jぺい
Jぺい

ほうほう。

大志さん
大志さん

仲良くさせて頂いていた埼玉大学チョコレッツの方々に相談したら、「こんどストリートライブやるから、それに出なよ。」って言ってくれて。それで記念にってことで、おっくんがボイパで入ってくれることになったの。

Jぺい
Jぺい

なるほど!それで6人で出たんですね。

大志さん
大志さん

うん。すんごい寒かったけど(笑)、けど友達とか家族とか、たくさんのお客さんが聞いてくれてさ。「うわあー、楽しいなあー」って、なんかばかみたいな感想だけど、純粋にそう思ったのをよく覚えてる。

Jぺい
Jぺい

いいですねえ。でも、そこで最後の予定だったんですよね、、?あれ?

大志さん
大志さん

…だったんだけど、出番が終わってから、大人の人がひとり、こっちに近付いてきてさ。
「こんにちは、番組制作会社の者なのですが。」
って。

Jぺい
Jぺい

強力な復活呪文だ(笑)

大志さん
大志さん

その人が『力の限りゴーゴゴー!!』っていう番組の人で。

Jぺい
Jぺい

あ、ネプチューンが司会の。
※1999年10月13日から2002年9月11日までフジテレビ系全国ネットで放送されていたネプチューンをメインとした、青春ドキュメントバラエティ番組。

大志さん
大志さん

そうそう。その番組で、アカペラの企画を考えてるって言うの。その時がちょうどゴスペラーズが出てきた頃で
「私たち今、『ハモる』っていうことに注目しているんです。皆さんのようなグループを集めて、ハモることの楽しさを伝えるようなコーナーをやりたいんです。よかったら出ませんか。」
って。(笑)

Jぺい
Jぺい

まじか…

大志さん
大志さん

僕も、まじか、と思った。その日で終わる気でいたのに。(笑)

伝説の番組。放送開始。

Jぺい
Jぺい

そして、その企画っていうのが…?

大志さん
大志さん

そうそれが『ハモネプ』。
ハモネプって、初めはバラエティー番組の中のひとつの企画コーナーだったんだよ。

Jぺい
Jぺい

あっそうだったんですね!!番組に出たわけですね?

大志さん
大志さん

なんかね、話が進んでいっちゃって、「じゃあ次いついつに収録があるので来てください」ってなって。
最初、企画は2回で終わりって聞いてたから、それだったらいいかってことで、結局レプリカで出たんだよね。

Jぺい
Jぺい

超とんとん拍子だ…それでその時もおっくんがボイパで?

大志さん
大志さん

そうそう、当初は高校生が主体の企画だったそうで、奥村さんは大学生だったから、友達から借りた制服を着てテレビ出たんだよ。(笑)

Jぺい
Jぺい

そう思ってみると、童顔よりな奥村さんでもやっぱり無理あったもんなぁ(笑)

と、第二弾はここまで!不思議な縁と巡り合わせがたくさん繋がって行き、ついにはハモネプが放送開始、そしてRAGFAIR奥村さんとの出演!いやぁ、本当に心が踊る話ばかり。

その後、伝説の番組ハモネプ放送開始とともに日本の”アカペラブーム”に火がついて行くのですが、その話はまた次回のお楽しみ♪


野口大志
高校時代にアカペラグループ「レプリカ」のベースヴォーカルとして活動し、2001年フジテレビ系番組「力の限りゴーゴゴー!!」内『第2回全国ハモネプLEAGUE』にて優勝。現在はPAエンジニアとして、都内ライブハウスや、アカペライベント『JAM』『50Fes』、多くの大学アカペラサークルライブ等のPAを担当。『A cappella Spirits! DVD』のサウンドミキシングも務める。また、作曲家として前田敦子やBitter & Sweetといったアーティストの楽曲や、テレビ東京系「ゆうがたサテライト」のテーマ曲等、幅広い楽曲提供を行なっている。

RAGFAIR
ハモネプ出身男性6人組アカペラグループ。オリコン1位2位独占、紅白出場、レギュラー音楽コント番組、オールナイトニッポンのパーソナリティーなどなど。とにかくレジェンド。

Jぺい(インタビュアー)
2010年に駒澤大学鳴声刺心でアカペラを初めて以来、その魅力にハマりV系アカペラグループ「背徳の薔薇」やエンタメ集団「ジャスティンヒーハー」で大活躍。新しいことへのチャレンジに対する欲求が変態レベル。
たいらく(書き起こし)
Jぺいの後輩。ライター志望。行動力の塊。