アカペラ辞典「アカペディア」

タテ(縦)

その他・造語・派生語 [タテ]

演奏上におけるタイミングのこと。

頻出度★★★☆
使用シーン練習, ライブ, 音源制作,

メンバーと呼吸を合わせる

アカペラの練習では「タテが合ってないよ!」「タテがきれいにそろってるね~!」というコメントが飛び交うことがある。この「タテ」とは、歌詞やフレーズ等を歌うタイミングが合っているかどうかを測る「縦の線」のことである。場面によっては、楽曲のリズムやテンポそのものを「タテ」と呼ぶこともある。

演奏の中でメンバー同士の呼吸が合っているかどうかを表すワードの1つだ。

「ィイィイェ(ビシ)ーー!!」

目に見えない「タテ」を無理やり「見える化」すると下図のようになる。

(イメージ図)

例えば「Yeah~!!」という歌詞の歌い出しで「タテ」がそろわないと、「ィイィイェ(ビシ)ーー!!」と聴こえてしまうだろう。歌詞が「Da」「Pa」「tu」のような言葉であれば、ズレがもっと鮮明になる。

字ハモ」の場合は「1文字1文字のタイミングが合っているか」、「ベルトーン」であれば「各パートのタイミングが曲のテンポと合致しているか」が問われることになる。

そろえるって難しい(&面白い)

しかし実際には、図のようにパキッとタイミングを一致させることは大変難しい。同じ言葉でも「子音の溜め方」「しゃくり方」「発音前の息の吸い方」等のニュアンスが十人十色だからだ。人の個性はそろえることができない。

さらに、音源制作をする場合はメンバーが別々に録音することが多いので、難度がより高くなる。同一人物が多重録音する時でさえ、テイクによって微妙に歌い回しが異なるだろう。

そしてリズムの取り方にも色々な種類があり、必ずしもメトロノームの刻みとピッタリ合っていることが正解ではない。だから面白い。

本当に完璧にそろえることができればもちろん素晴らしいが、メンバーの個性・曲の特性を活かした上で「タテがそろっているように聴かせる」ことも重要である。