サムネイル

アカペラをやりたい中学生・高校生へ!アカペラスタートマニュアル【③発表編】

特集

中学生、高校生のみなさんこんにちは!AJP編集部の吉田です!「もっとアカペラを楽しくできるように!」と思いを込めて、様々なアカペラサービスを提供しているKing of Tiny Roomという会社で活動しています。

きっとこの記事を読んでいる中学生・高校生のみなさんは、アカペラがしたいけれどどうしたらよいかわからない…!という方が多いのではないでしょうか。そんなみなさんがアカペラの第一歩を踏み出すための手順をまとめ、記事にしました!ぜひ参考にしてみてくださいね。

  1. 準備編
  2. 練習編
  3. 発表編(いまココ)

発表をしよう

複数回にわたる練習を終え、演奏できるようになったら発表をしよう!アカペラを歌っているときはもちろん楽しいですが、発表してお客さんから反応をいただくのもとっても楽しい!

また、発表のすることで、自分の演奏を見つめ直すきっかけとなるので、より上手になるために、より自分を磨くために、より楽しむために必要です。

発表の場所

TikTokやYouTube

見る側として利用したことがあるかもしれませんが、投稿する側でも使ってみましょう!

※ただしインターネット上に配信することで個人特定につながるリスクや、悪意あるコメントにより傷つくことも想定されますので、保護者や学校の先生と相談した上で使いましょう。

学校祭・学園祭

ほとんどの学校では学校祭・学園祭で自由発表ができるステージがあるはずです。みんなの前で歌って学校中の人気者に!?

地域のイベント

アカペライベント

多くの都道府県ではアカペライベントが定期開催されております。一部のイベントは審査制度があり出演のハードルは高いのですが、基本的には公募制で誰でも出演出来ることが多いです。自分が住んでいる都道府県や近隣都道府県のアカペライベントがあるかどうか、そしてその開催時期を確認してみよう!

ほとんどのイベントが毎年決まった時期に開催されているので予定も立てやすいのがうれしい!

吉田
吉田

例えば、私が生まれた北海道ですと札幌市には「ハモサツ」、函館市には「はこうた」などなどのイベントが。大学時代を過ごした福島県では「うたふく」が一番大きなアカペライベントですね。

非アカペライベント

市町村や地域の組合が主催するイベントやお祭りに参加してみましょう。地域の広報、市町村ホームページにて出演募集していることが多いので定期的にチェックしてみよう。応募期間が短いことがあるので、応募し損ねないように注意!

ライブハウス

ライブハウスでは毎日さまざまアーティストが自分たちのイベントを開催していますが、まれにライブハウスのスタッフさんが主導で行うライブがあり、出演者を募集しているケースがあります。このようなスタッフさんが数組のアーティストを集めて開く合同ライブを「ブッキングライブ」と呼ぶのですが、このブッキングライブに応募してみよう!

いま住んでいる地域のライブハウスの公式ホームページを確認してみると、「出演者募集」という文字を見つけることがあるかも。それはまさしくブッキングライブである可能性が高いです。

AJP編集部
AJP編集部

ライブハウスは薄暗くて地下にあることも多く、最初は足を踏み入れるのは緊張するかもしれません、お母さんお父さんも行ったことがある人も少なくて不安に思われるかもしれないので、事前に保護者に説明して許可を得ることを忘れないように。

最後に

以上の準備編、練習編、発表編をもって、これからアカペラを始めたい中高生向けマニュアルは終了です。アカペラは手軽に楽しめる音楽です。とっても奥が深くてドはまりする人が多いんです。

みなさんが楽しくアカペラが出来ますように!

  1. 準備編
  2. 練習編
  3. 発表編(いまココ)

困ったときは

実際にアカペラをやってみたけれども壁にぶつかった方、わからないことがある方、保護者のみなさん、学校の先生、全力でサポートいたしますのでKing of Tiny Roomまでお問い合わせください。Twitterをされている方は、私個人アカウントまでDMにてご相談いただいても構いません。

学校の先生へ

私の所属するKing of Tiny Roomではアカペラ教育プロジェクト1.0という活動を行っております。音楽科教育を研究する内田教授を始め、日々教壇に立つ教諭のみなさまたちと協力し、アカペラを授業に活用する教材や指導方法を開発しております。アカペラの活用にご興味のある方は、こちらよりお問い合わせください。

アカペラの普及に興味がある方へ

オンラインアカペラサークルACAPPELLER.JP(以下、AJP)で一緒に活動しませんか。AJPには様々なバックグラウンドを持つアカペラーが多く所属し、興味あるプロジェクトに参加していろいろな形でアカペラを楽しんでいます。
アカペラの普及についてもAJPで積極的に取り組んでいることですので、ぜひみなさんと活動できたらと思います。ご入会お待ちしております!

以上!
アカペラを楽しみましょう!