サムネイル

関西アカペラの出発点【ハモヒスインタビュー#5 前澤弘明さん①】

インタビュー ハモヒス

アカペラの歴史をまとめるプロジェクト「Harmory-History(略してハモヒス)」。今回から、「日本初のアカペラグループ」とも言われるパイオニア的グループ「チキンガーリックステーキ」のメンバーとして活動されている前澤弘明さんへのインタビュー内容を全3回に渡ってお送りします!

インタビューの様子(インタビュー日:2020/12/28)

1回目の本記事では、前澤さんがアカペラと出会った経緯や、アカペラがまだ世間に浸透していなかった時代のエピソードなどについて紹介します。

前澤弘明さんの紹介

1963年生まれ。神戸発のアカペラグループ「チキンガーリックステーキ」のメンバーとして、1990年の結成当初から活動。2002年にメジャーデビュー。日本のアカペラ黎明期からプロのアカペラグループとして活躍を続け、国内外でコンサートやイベント出演を精力的に行っている。

チキンガーリックステーキの公式ホームページ

前澤さんのTwitter

インタビュアー紹介

わく
わく

筑波大学アカペラサークルDoo-Wop所属の大学2年生。
Twitter

Shige
Shige

Vocal Asia日本支部代表。アカペラ界一のムーミンマニア(自称)。
Twitter / Vocal Asia

SIN
SIN

群馬のアカペラー兼イベンター兼アカペラCD収集家として活動する社会人。
Twitter

楽器バンドからアカペラへ

わく
わく

今日はどうぞよろしくお願いいたします。

早速ですが、前澤さんがアカペラを始められたのはいつ頃だったんでしょうか?

僕が27歳の時です。西村さん(現NEST代表)から「アカペラグループを作るんだけど来ないか?」と誘われて。ちなみに、アカペラを始める前は教師として働きながら、趣味で楽器のバンドをやっていたんですよ。

前澤
前澤
NEST(ネスト)有限会社NEST→神戸のアカペラプロダクション。現在はシュガーズ、Queen’s Tears Honey、the XAVYELLS、宝船が所属。
shige
shige

そうだったんですか!

実は西村さんは、僕の高校時代のコーラス部の先輩で、僕がハモリ好きで楽器バンドをしてることも知ってて。

前澤
前澤
SIN
SIN

なるほど!

「アカペラってそんな簡単にハモるんか?」と思いながら見学に行ったら、良いメンバーが揃ってて、これならいけるんちゃう?と思って「やります!」と。

前澤
前澤
わく
わく

そのようなきっかけがあったんですね!

CDショップでアカペラを買いまくって勉強

shige
shige

西村さんからお誘いを受ける前に、アカペラを聴いたことはあったんでしょうか?

楽器バンドの時にBilly JoelのThe Longest Timeはコピーしたよ。

前澤
前澤
わく
わく

当時はどのようにして曲を探されたんですか?

当時(1990年頃)はCDショップで海外のアカペラ音源を探して買いまくったよね。今みたいにダウンロードとか個人輸入もできない時代だったし。

前澤
前澤
SIN
SIN

面白い!

わく
わく

そうやって買われたCDをカバーされたりしていたんですね。

そうそう。当時は西村さんが耳コピ担当でディレクションもして、メンバー5人が歌ってた。

前澤
前澤
SIN
SIN

そのグループはチキガリさんですか?

そう、そう!!

前澤
前澤
SIN
SIN

なるほど!

チキガリJr.(=Phew Phew L!ve)の系譜で数々のグループが誕生

SIN
SIN

チキガリさんは「関西アカペラの父」とも言える存在ですが、どんな流れでグループメンバーが変わって行ったんでしょうか?

チキガリが 3年目の時にトップテナーが仕事に専念するため抜けることになって、次のメンバーとしてハマちゃん(濱田康裕さん)とKAZZを僕が連れてきて。

前澤
前澤
SIN
SIN

うわ〜!そこでKAZZさんの名前が!

それで2人に練習に参加してもらって、トップテナーを探してたから声の高いハマちゃんに決定して。KAZZはここでは入れなかったんだよね。

前澤
前澤
わく
わく

そうなんですか!

でもKAZZも「アカペラがやりたいです!」と言っていたから、じゃあKAZZのために別のグループを作ろう!という事になって。

前澤
前澤
SIN
SIN

あ~!!

そのためにメンバー探しをして、たくちゃん(TACさん)を僕が連れてきて、さらにたくちゃんがWOOKIEとREEを連れてきて。そして当時チキガリのベースだったHERO(現シュガーズメンバー)がチキガリと兼任でベースをやるという形で「チキンガーリックステーキJr.」というグループができたんだよね。

前澤
前澤
SIN
SIN

うわ~!繋がった!謎が解けました。

そのチキガリJr.に正式なグループ名が必要だという事になって、プロデューサーの西村さんが「ライブでヒューヒュー言われるようなグループになってくれ」という意味で「Phew Phew L!ve(ヒューヒューライブ)」と命名して。

前澤
前澤
Phew Phew L!ve関西で1994年から2001年まで活動していた伝説的なアカペラグループ。
SIN
SIN

すごい…伝説だ!

shige
shige

そういうことだったんですね!

その後Phew Phew L!veからKAZZが独立してBaby Booができて、KAZZが抜けた後のPhew Phew L!veにJO(現SOLZICKメンバー)が入ってきて。

前澤
前澤
SIN
SIN

そうですね。

そのJOとREEが抜けた後のPhew Phew L!veにKWANIさん(現ダイナマイトしゃかりきサ〜カスメンバー)たちが入ってきたんだよね。

前澤
前澤
SIN
SIN

すごいですね!

あとNESTの所属グループの中だと、Queen’s Tears Honey、Real Blend(後のRobStar Lobster)、宝船とか、僕らの後の神戸発のグループたちはほぼほぼ関係性がある感じだよね。

前澤
前澤

インターネット黎明期の中でサークルやイベントが立ち上がった

わく
わく

先ほどCDショップのお話がありましたが、1990年代は国内のアカペラ情報はどのように得ていたんですか?

昔はジャパンアカペラセントラル(以下JAC)っていうホームページでみんなが知り合うような狭〜い世界やってんなぁ。

前澤
前澤
わく
わく

そうなんですね、今では想像つかないです!

1998年頃、たぶんアカペラ関係のホームページはチキガリとJACしかなかったのかな。当時のアカペラ関係者はみんなJACで情報交換していたね。

前澤
前澤
SIN
SIN

その時代の最先端ですね!

会ったことがなくてもみんな(JACを通じた)知り合いやった。僕らの周りではセミプロが増えていって、大学サークルも次々にできて、関西の大学サークルの創設期のメンバーたちとはみんな知り合いやねー。

前澤
前澤
SIN
SIN

そこからプロに転向した人も多いですよね。

そうそう。INSPiもそうやもんね。

そういえば、関西アカペラジャンボリー(以下KAJa!)は初回からどれくらい経つんやっけ?

前澤
前澤
INSPiINSPiは大阪大学アカペラサークルinspiritual voicesの創設メンバーである。
SIN
SIN

KAJa!の第1回が1998年ですね。

そうそう、僕ら第1回から出てるんやけど、当時は社会人がけっこうメインで。

前澤
前澤
SIN
SIN

KAJa!もJACでの交流から立ち上げたという話は聞きますね。

そういうので自然発生的に始めたんだよね。ちゃんと音響をして、大きい場所でやろうと。

前澤
前澤

CDを作り続けることの意味

SIN
SIN

チキガリさんは今でもCD作品を作り続けてらっしゃいますが、そこにはどんな思いがあるのでしょうか?

1998年にアマチュアとしてアルバムを出したんやけど、当時はCDプレスの工場が日本に2つしかなかったのね。

前澤
前澤
shige
shige

えー!!

だから死ぬほど高かったのよ!録音も、今なら家でも良い感じに録れるけど、当時はスタジオ借りるしかないし、エンジニアも呼ばなきゃいけなくて。あとオープンリールで録るのよ。アナログだよね!

前澤
前澤
オープンリールオープンリール式レコーダー。かつて音楽作品のレコーディングで使用されていた、大きな磁気録音テープ。
shige
shige

1つの作品を作り上げるのに莫大な費用がかかるんですね。

そう、何百万も。今は「配信だけでもいい」って感じやと思うけど、当時は音楽が形に残るということにものすごい意味があって、ハードルが高かったんだよね。だから今でも「自分たちが死んでも形に残るモノを!」という思いで作っているよね。

前澤
前澤
SIN
SIN

すごく良い話…。

CDの中の冊子に書いてあるクレジットを読むと発見が多くて。この人ここにいたんだ!とか。それが楽しくてCDを集めてるところがあります。

たしかに、配信だと、ジャケットのちょっとした情報でおお!ってなることはないからね!

前澤
前澤

次回のお話

まだまだ貴重なお話が続きますが、今回はここまで。
次回はチキンガーリックステーキのオリジナル曲やパート編成、そして1995年の阪神淡路大震災を経験して考えたことなどのお話をお送りします。

第二弾はこちらから“アカペラが新しかった時代”を語る【ハモヒスインタビュー#6 前澤弘明さん②】 | AJP編集部 – アカペラをもっと楽しもう。 (acappeller.jp)

前澤さんが所属するチキンガーリックステーキの情報は、公式ホームページのほか、ブログTwitterYouTubeでも発信されているので、是非ご覧ください!

ハモヒスへの協力依頼

ハモヒスでは現在、

・情報を提供してくださる方
・記事を書いてくださる方
・画像を作ってくださる方

など、プロジェクトに協力してくださる方を募集しております。

この記事を読んでこのプロジェクトに興味を持っていただけた方が居られましたら、私たちに協力していただけないでしょうか。

どうぞよろしくお願いいたします。

協力してくださる方はこちらまで↓

協力者募集フォーム